シンエイ工営の家づくり 施工例、お客様の声 見学会、イベント情報

余田のつぶやき

完成祝賀披露コンサート
07年04月09日

バスツアー一行23名は五条川に咲く満開の桜並木を尻目に岩倉集合のお客様を乗せ一路ポートメッセ名古屋の建材フェア会場へ
会場入口に、たる酒あり、朝からお酒・・・・周りを気にしながらお酒をいただく。
後から聞いた話だと、皆さんたる酒いただいたそうです。バスツアーで運転しないし、陽気もいいし、日曜日だしOKだよねー酒飲みの考えることはこんなこと、小生は主催者これ以上はだめです、我慢・・・・・
各々、興味のあるブースを見学。無料のドリンク、助六を食べながらハワイアンバンドの生の演奏を聴きながら今にも踊りだしそうな雰囲気で楽しんでいました。
バスの中や会場の外で弁当をいただく、この弁当が好評で、このこんにゃく味がしみてておいしい、上品な味だね、イチゴが3つも入ってる・・・・・
豪華な弁当、ひろ寿司さんありがとう、採算とれてます・・・・
車中昼寝しながら(お酒のせい)の移動です。
完成披露コンサート会場の「篠田の家」に入るや否や、すてき・すてきの連呼
シンプルで清楚な落ち着いた雰囲気に見入っていました。
これ、娘さんのコーディネイトです。センスいいねー
きれいに住んでいただけそう、良かった。
コンサートの時間まで見学していただきました。
小屋裏いっぱいの広い空間・ロフト・吹き抜けで夏とか、冬大丈夫・・・・・の質問
「FPの家」は皆さんの家とは違います、夏にまたきて体感してください。
芹沢先生と阿隅先生によるフルート・オカリナの演奏
その前に礼君のサックスと上さんのキーボードの演奏。  
 アンコールまで演奏しました。
上さん年度末で忙しい中の練習ご苦労さん、礼君のサックス素直な音色でよかったと先生褒めていましたよ。
フルートの繊細な音色に酔いしれ寝ている人も・・・・至福のひと時
オカリナの郷愁ただよう優しいすごく親しみを感じる音色、  なぜ
土から出来ていて原始時代からの楽器だから・・・・・・
家づくりは土は欠かせない。起工式の鍬入れに始まり基礎の土いじり、屋根瓦を葺く時の土、土壁、和室のじゅらく壁等々、我々の仕事と関わりが多く、また、原始の時代から衣食住は必要であり、その住に携わっているからかなー、だから、親しみを感じる・・・・・・
何だ勘だと自分に、こじつけようとするこの癖、一生離れないだろうな、了見が狭いかなー
24帖のリビング・ダイニングの会場はいっぱい、2階のファミリールームに分かれての鑑賞
家具もカーテンもない部屋での演奏なので音の響きが気になっていましたが、吹き抜けのある大きな空間だからいい音が出ていました。(先生談)
        よかった
日ごろの喧騒から離れ癒しのひと時を過ごしていただけたようで
記念に残るコンサートができよかった
会場を提供していただいたお施主様ありがとうございます。
お友達を誘って協力して下さったお友達・OB施主様ありがとうございました。
前座を勤めてくれた礼君、上さんありがとうございます。
皆さんの協力がなければ出来ません
             お世話になりました。
             身の福運を感じます

r0011591  dsc_1487

上さんと礼君          阿隅先生と芹沢先生

dsc_1496  dsc_1474

真剣なまなざしで聴いています

dsc_1475  dsc_1469

お子さんも行儀よく聴いています


目標
07年04月05日

4月8日に開催するバスツアーによる完成披露コンサートの参加予定者の集計が出来ました
目標 50名に対し
バスツアー参加者  26名
直接来場者        6名
お施主様招待客    40名
目標数を大幅に上回ることが出来ました
これもひとえに、お施主様やOB施主様が知人やお友達に連絡し誘っていただいたお陰です、ご協力ありがとうございます。
OBの施主様と私共とは親戚みたいなもの身内の会社が開くイベントだから協力しなくてはと想っていただける
ありがたいことです。
家造りしてきてよかった
これからもよろしくお願いします。 


誕生日
07年03月31日

昨日、30日は小生の生まれた日、57歳になりました
早朝よりお祝いのメールをいただきました、今までにない喜び、  なぜ、
家族以外の人からのお祝いのメールそれも早朝、だからかなー
心遣いありがとうございます。
上さんに、着付けショー見物と食事会に誘われ会場で待ちあわせ
上さんは着付け教室に通って10年ぐらい経ちますかねー、その元締めの主催で、中日劇場で開催されていました
清水とき、とその弟子たち「きものでつづる40年」題して40年間の経過と色鮮やかな和装・和装を洋風にデザインした服装でのファッションショーで立ち見が出るほど盛況でした。
目の保養になりました。和装は色の組み合わせだそうです。
「衣は人なり」 いいことばですね 校是だそうです。
作業服を着ててもネクタイをすると、ぴしっとする。  そのような事ですかねー。
気をつけましょー
このショーに友達を誘っていたみたいで、終了後は一緒に食事会。
その席でも皆さんに誕生日を祝っていただきました。  しあわせです。
今日、誕生日の外川さんおめでとうございます。いつも、気遣いありがとうございます。
久しぶりの再会でむかし話に花を咲かせ、気さくな、楽しい食事会でした。
10年前からのお友達で以前は、旅行や食事会を開いて、上さんもよく出掛けていました。我が家にも何回となく、泊りに来て頂いたメンバーでした。

男社会は仕事だとか、上下関係を考えてしまうせいか、気楽に飲めないのですが・・・・・・
気心のしれた人の集まり、いいですねー
ツルの一声でみんなが集まる
結束のよさが長つづきする理由かなー
元美人7名と白一点(黒一点)に囲まれて、人生57年、今までにない雰囲気の中で好きなお酒をおいしく飲ませていただきました。   皆さんに感謝


異動シーズン
07年03月26日

3月は、官公庁・学校・会社等次年度に向けて人事異動があり忙しい時期で、この業界はそれに合わせなければいけないので今がピークです。
上さんの兄貴が静岡県警から島田署長就任の辞令があったようで栄転おめでとうございます。
花道が出来ました、定年まで今まで同様に悪人を懲らしめ暮らしやすい世の中になるよう、正義の味方で無事、過ごしていけば万々歳ですね。
身内の誇りですね。
上さんはどうか聞くと、2年では異動はないようです。  4・5年勤めないと・・・・・・・ただでさえ、年度末は忙しいのに・・・・・・・これが異動になると、考えられないくらい忙しくなるそうです。
永年勤めるということは、忍耐・努力は人一倍必要ですね。でも、楽しいこともないとやっていけないよなー
がんばって!
小生は転職組みです。
神戸のゼネコンに入社
名古屋に転勤
小牧の会社に転職
平成元年に独立
転職は楽なようでも、それなりの期待と不安があります、環境に慣れるまで肉体的にも精神的にも緊張や重圧に負けそうになる時もありました、でも、、家族や皆さんに支えられて今日まで来ることが出来ました。
本当にありがとうございます。
今後とも、ご支援ご鞭撻宜しくお願いします。


さくらの花
07年03月19日

r0011567

少し前、さくらの開花宣言の訂正がありました。16日にFPの定例会が名古屋市公会堂であり、鶴舞公園のさくらの状況を見ましたが、蕾はまだ硬く3月末ぐらいかな、でも、例年より早いのかな?
わが町のさくらの名所、五条川のさくらは18日には2・3本ちらほら咲いていました。
寒桜・それとも狂い咲き・・・・・
何でさくらは人気がある?
国花だから
薄いピンクで、ほのぼのとした雰囲気になれるから
入学式・入社式等節目の季節に咲くから
花見酒が出来るから
花が木いっぱいに一斉に咲き、鮮やかだから
葉が出る前に咲いて花が目立つから


寒い冬をずーと耐え忍んで、暖かくなる春を待って一斉に花を咲かせる。
人生、良い事ばかりでないよ、我慢し、耐え忍んで、努力していけば、必ず、日々の努力が花を咲かせ報われる時が来ることを・・・・・・・・教えてくれているのかなー
冬は必ず春になることを

愛着
07年03月17日
r00115501

r00115552

r00115611

r00115591

先日、OB施主様宅を訪問
外構工事はご家族で造られるとの事で別途でしたので出来具合を拝見しに、
ご主人さんはお勤めの時代から建築に興味があり建替える前のブロック塀やアプローチはご自分で造ったそうで、通りすがりの工事中の家をいつも観察していたそうで知識は豊富でした。
工事中は大変気を使いました。

剪定した枝を利用した作品
二股の部分を脚に、枝の曲がりを背もたれ部分に釘やビスを使わず、樽栓とほぞを加工して組み立てています。
これは、人の座る椅子でなく、花台でコンテストに出品するそうです。因みに昨年はプランタの囲いを校倉造風に作り優秀賞をいただいた実績の持ち主です。
プロ顔負けの技術、アイデアに感服
好きはものの上手成り・・・ことわざ通りです。
門・アプローチは梅雨前に出来ればとのこと、家族でスキンシップをとりながらこつこつと有る物を利用して作っていくそうです。
自分で作ったものだから愛着がわき、物の大切にする心が養われるのかなー

私たちが、家を造りということは、新しい親戚が出来るようなもの、家族にしか判らない家の隅々まで知り尽くしています。親戚が出来るのだから自分の家を建てるつもりで建てさせていただくし、愛着もわきます。親戚だと思えば、自然と足が向いていきます。
気持ちのこもった、より良い家づくりを心がけていきたいですねー


イメージ
07年03月13日

小生は一見、こわ面で突起にくいイメージだそうで親からもらった顔どうにもなりませんが、三十而立・・・小生 4捨5入で60です。
お話していく中で分かっていただけると思うのですが、素直で、真面目だけが取りえの人間だと、思っていますが、いつかお会いできる機会がありましたら、じっくり観察してください。
今日はこんな話でなく、FPの家のことです
お客様から一言、  FPの家高いんだって!
一般的に高いイメージがあるようです。
事実、 FPの家は躯体部分の床・壁・天井・屋根に発泡ウレタンの断熱材・気密・換気・サッシュ等隠れてしまう部分に一般の住宅より費用を掛けていますからその分高くなっています。それは快適で省エネな住宅を造るためです。
車でいえばクラウンクラスかなー
クラウンは乗り心地はいいし・快適だし・大きいし・頑丈だし・安全だし・それに格好がいい、だから高い
カローラとはすべての面で比較にならない、だから安い・・ごめんなさい。
FPの家を建てられる方は、FPの性能に見合う。予算に応じて仕様を良くする為に、最終の建築費が高くなり、高いイメージに繋がっているのではないでしょうか。
私は、クラウンのハイクラスでなくてもスタンダードで、いいのではないかと考えています
内外装は必要以上に費用を掛けなくても、見てくれでは生活できないし、立派なお宅ですねーで終わってしまう。
内外装は、10年か15年経てば何らかの形でリフォームしなければいけない時期が来ます、躯体部分はリフォームできません。そのリフォームできない心臓部分がFPの家そのものなのです,
かつ経年変化が少ない。
だから、性能が変わらないのです。
内外装に必要以上に費用を掛けなければ快適で・省エネなFPの家が割安な価格で実現するのです。
水前寺清子の歌に
ぼろは着てても、心はにしき・・・・・・失礼
予算に応じて表装に費用を掛け、リッチな暮らしをすればいい・・・
せっかく建てるなら、安全で快適で健康で経済的なFPの家に住んでいただきたい
それが私の望みです。
ご無礼をお許しください。


防寒服
07年03月08日

お客様宅にプランの打合せに伺った時のこと、出迎えていただいた格好たるや3月に入り暖かいにもかかわらず、完全防備で外出時と同じ様な服装にビックリ! それに奥様も同じ様な服装で、どうされました、風邪でもひかれましたか・・・
ご主人様は、冷え性的な熱が奪われる慢性の病気で、その病気と仲良く付き合っていかなければいけない、治りにくい病だそうです。それにしても、仕事から帰ってきて癒されるどころか服の重さだけで疲れてしまう   つらいなー
住んでいるアパートにも問題あるのかなー
工場見学会に参加して、私達の家はこれしかないと直感されたそうです。
正解です
FPの家は家全体が暖かく、冬でもTシャツ1枚の生活です。服が軽くなるだけでも、ゆったりくつろげるし、快適な生活で明日の活力に繋がるはずです。
早く着工出来、早く入居できるといいですね。

ちょっといい話
07年03月06日

ちょっと前の話ですが、現場近くで70過ぎのご夫婦がうろうろして困っている様子なので尋ねたところ、利益寺に行きたいが景色が変わって分からなくなってしまったとの事、通り道で近いので乗せて行きました。
そのことで昨日、お礼の手紙をいただき、ビックリしました。
老夫婦の心使いにジーンと来るものがありました。大したことしていないのに、良かった。
小生だったらどうするだろう?
お礼の気持ちはあるが筆不精を口実に手紙は出さないだろーなー
ちょっとした事でその人の人間像・人生観を垣間見ることが出来ます。
思いやりの気持ちを忘れずに!
行動しなければ何も伝えられないし、何も変わらない。それでは進歩が無い。
何事も積極的に・・・・・教訓


過去の記事