シンエイ工営の家づくり 施工例、お客様の声 見学会、イベント情報

余田のつぶやき

置いてきぼり
14年11月10日

昨日は高蔵寺での演奏会に、
今日は前回ふぁみりーコンサートで演奏して頂いた榊原祐子のピアノコンサート

s-dscf0017
女子会のメンバーと宗次ホールへ
演奏会の後は旅行の打ち合わせと食事会で遅くなるとの事
芸術の秋を楽しんでいる上さん。
私は、お施主さんと残工事の工程打ち合わせ
仕事があるという事はしあわせなこと
祝祭日は関係ありません。

帰りが遅くなる時は食事の支度をして出かけていく上さん。
食卓には何かが足りない、
お酒が・・・・ない。
たまには違う銘柄のお酒を買いに

s-dscf0008

高山の久寿玉
淡麗で美味しい・・・・特に一口目は
後は惰性・・でも、日本酒は美味しい

s-dscf0009

いつもはおかずがおつまみ
今日は懐かしいソーセージが
お酒に良く合います
美味しい
独身の頃を思い出し・・・・
ひとり秋を愉しむ


偶然が多い人生
14年11月04日

文化の日の祭日は
お客様宅での打合せと
会社での住まいづくりの相談を終えたあと、
昼過ぎから秋を探しにドライブ
近場の紅葉はまだまだ先の様子でしたが、
帰りは可児市の銭湯「三峰」へ
久々の銭湯です。

s-dscf9976
ここは3年前の12月に1度来た事があり
その時の帰りは一面が雪景色だったのですごく印象に残っています。
夕方にも関わらずお客さんも多く
日ごろの疲れをいやすのは「お風呂が一番」と
みなが思う事は同じようです。
露天ぶろは肌寒く、
秋の深まりを感じながら
電気風呂やジャグジー風呂の効能を満喫し、

s-dscf9992s-dscf9986

s-dscf9988

 

 

 

 

偶然にも今回は9周年記念という事で
七宗町の飛水太鼓のショーがあり
息の合った「えいや―」の掛け声やばちさばきを鑑賞もできた1日になりました。


あき
14年10月31日

新聞記事に
全国に空き家が820万戸、
空き家率が13.5%になったとの事。

そんな中、自然豊かな田舎暮らしにあこがれて
移り住む若年夫婦が増えているとの事

私が住む団地も、ここ最近空き家が目立つようになってきました。
目の前には山があり、清流もありで
自然に囲まれた住みやすい団地です。
団地は慣習やしがらみのなく、住みやすく
道端には無人の売店があり
いつも、採れたての野菜が置いてあるのどかなところ。
リノベーションして住む人が現れてくると
団地も活性化し仕事にも結びつき一石二鳥なのですが
s-dscf9974

今の時季は柿です
1山200円 1個40円
柿が大好きな上さんの
嬉しそうな顔が浮かびます。


体力勝負
14年10月21日

リフォームの問い合わせをいただくと
内容を聴きにお宅へ伺います。
内容によっては後日、調査に伺うこともあります。
s-dscf9800

今回は増築も考えているとの事で
構造状況はもちろん外回りの給排水、電気の状況についても調査しました。

s-dscf98511s-dscf9748

見積書には商品の定価も表示しパソコンでCGパースにて説明し
キッチン・バス等の水回り商品はショールームにて確認していただきます。
ショールームにはコーディネーターの梶原も同行し
主婦の立場から商品説明やコーディネートのアドバイスを行い
やわらいだ雰囲気の中で確認してきます。

悩ましい
次回のリフォームは考えられません
どうせなら、気に入ったように直したいが
でも、予算ありき・・・・・
集中できるのは2時間程度
体力勝負でもあります。


好きこそものの上手なれ
14年10月17日

「余田さんちの小さなSHOP」のテーマは
「気楽・喜び・集い」
先回行なった
ウットバーニング講座の魅力にとりつかれ
またやりたいとの話から
各々がお友達を誘いあい13名が集まり
午前と午後に分かれ行う
s-dscf9847

フレックスタイム制が良かったのか
17時過ぎまでゆっくり楽しんで見えました。
私どもは材料と道具を準備し場所を提供するのみ
一文の得にもならないことを
一生懸命やるのが本当の文化だといいます。

我が家が情報の発信基地になっていけば幸いです。


高山祭
14年10月11日

飛騨の小京都、

s-dscf9844
高山は数え切れないほど訪れたものの
高山祭は始めて
古い街並みに絢爛豪華な屋台は良く映えます。

s-dscf9807s-dscf9821s-dscf9822s-dscf9826
一台一台が由緒歴史もあり豪華で素晴らしく
からくり人形や木工・彫刻の技もさることながら
棟飾りの錺・鍛冶・設計の技にくぎつけでした。
s-dscf9816s-dscf9818

s-dscf9819s-dscf9824

s-dscf9804

屋台が10台も並ぶと圧巻で祭りならでは、
改めて飛騨の匠の技の素晴らしさを実感しました。


秋の花火大会
14年10月06日

今年は犬山の花火大会が台風の影響で中止になり
寂しい思いをしていましたが
江南で花火大会があり渋滞を避けるため
会場の反対側の各務原から観てきました。
(仕掛け花火は見えませんが)

s-dscf9797s-dscf9799

夜空を彩る鮮やかな花火が打ち上げられ
「たまやー」の掛け声は出ないものの
秋の夜長を楽しんできました。

人生は花火のような一時的の華やかさは無くても
川の流れの様に昼夜を分かたず流れ
少しも止まる事の無い穏やかな人生でありたい。


もうすっかり秋
14年10月04日

太陽光発電基地に年4回ほど
雨の降りそうな曇天時に
見回りを兼ね草刈りに行きます。

今回が今年最後の草刈りの予定
慣れない作業は疲れますが、
「今日も一日頑張った
明日も頑張れ」と

image1

周りに咲いているコスモスが
疲れを癒し、励ましてくれます。


協同作業
14年09月30日

この時季は中津川や八百津に出向き
買っていた栗きんとん
今年は知人から栗をよくもらうので
栗きんとん作りに挑戦

s-dscf9744

レシピ見ながら蒸し、皮をむくのは上さん
すり鉢で栗をつぶすのは私
久々の協同作業
添加物が入っていない為か
チョットぱさぱさぎみでも、
ほっこりと美味しい栗きんとんが出来上がりました。

s-dscf9772

見栄えは良くなくても
お金では買えないものがあります。

どんな事にも好奇心を持ち
機会があれば挑戦していきたい


過去の記事