シンエイ工営の家づくり 施工例、お客様の声 見学会、イベント情報

余田のつぶやき

今年は
17年06月17日

5月の連休中に植えた苗は
トマト・キュウリ・ゴーヤ
成長も早く花も咲き収穫が楽しみになってきました

s-dscf3353s-dscf3354

それに、今年はお米づくりも始めました
それもプランで、しかもモミからです。
自給自足の生活ができるか試します。

s-dscf3356

できる事はまず、やってみる
悩むのはその次


余田さんちの小さなショップ
17年06月17日

年に4回開催しているショップ
13回目を15日(水)16日(木)に開きました。

s-img_5365

s-img_5398
s-img_5377s-img_5381

s-img_5391

s-img_5393
s-img_5417s-img_5355
s-img_5354s-img_54211
ウットバーニングやミニ点描体験で、もの作りの楽しさを体験していただき
新たな作家さんも加わり女子力全開の熱気に満ちた2日間でした。

新たなお客さんと作家さん、それに常連客との出会いから
意外な結びつきがわかり改めて世間の狭さを感じ
「気楽・よろこび・集う」がテーマの
溜まり場的な存在になりつつあることに
続ける事の大切さを実感します。


家づくり目線
17年06月10日

協力業者が自宅を建て替えるとの情報で東海市加木屋の自宅へ

加木屋は40数年前に宝工業の社宅建設に携わった処
当時の記憶を辿り探して見ましたが
新しい道路があちこちにできて景色が変わり探せませんでしたが
半田街道沿いの自動車学校を見て、
お昼ごろ、この前で捕まったスピード違反の苦い経験を思い出し
懐かしさが甦ってきました。

奥さんにお会いするのは始めて
「信頼できる社長だよ」と紹介され
2時間ほど家づくりの話を聞かせていただきました。
これから家づくりの始まりです。

家を建てる時に思う事は1番は価格、2番にデザイン、3番目が性能
暮らし始めて感ずる事は1番が性能、2番が価格、3番にデザイン
と後悔するようです。
私共の家づくりは性能数値が命です。


テレビコマーシャル
17年06月08日

感覚には、視覚、聴覚、触覚、味覚、臭覚がありますが
人間、この世に生を受け初めて覚えるのは、
お腹の中での母親の心臓の音だそうです。
泣いている赤ちゃんが母親に抱っこされると泣き止むのは
母親の心音を聴いて安心するからそうで、
耳から入った感覚はいつまでも忘れないようです。

s-dscf3350

毎年、夏と冬にFPの家のテレビコマーシャルを流しています。
今夏は名古屋テレビで31本放映します。
6月18日(日)22時の番組からです
ひとりでも多くの人に聴いていただけるといいのですが


確実な収入源です
17年05月31日

一宮警察から電話
「お宅の太陽光発電横の空き地が火事です」
「太陽光には被害が無いと思いますが」と

s-dscf3347

枯れ草がきれいに焼け太陽光発電には問題はないようですが、
子どものいたずらのようですが困ったものです。
太陽光発電の敷地内にゴルフボールやゴミが時々入っています
これに懲りてしなくなるといいのですが。

我が社の死活問題です。


緊張するとき
17年05月20日

プランの打合せが進む過程で
気になる工事費を求められます。
あくまでも概算と言うことで提出します。
他社と競合する事もあり、
また、競合相手が提出済みの時もあるので
余計に緊張します。

s-dscf3224

競合相手の見積りがアバウトなので比較が難しいのですが
「余田さんとは安心して話ができます」と
予算に合わせる事で合意していただけ
11月着工に向け計画を進めていくことになりました。

有難うございました。


昼の楽しみ
17年05月18日

食費や昼食に出かける時間が勿体ないからと
上さんのと一緒に弁当を作ってもらって一年。

毎日「お弁当いる」と聞いてくるので
断らない限り早く起きて作ってくれます。

s-dscf32381s-dscf3226

s-dscf3230s-dscf32322

デザート付、今日は自家採れいちごです。
いつも美味しくいだだいています
感謝・感謝


パワーの源
17年05月15日

猫の額ほどの庭に
西洋シャクナゲが咲き始め
新緑が満ち溢れていました。

s-dscf3219s-dscf3220

新緑は眩しく、新鮮な感覚がうまれ
仕事に振り回され余裕がなくても
落ち込んだ気持ちを楽にしてくれます。


休養日
17年05月06日

ゴールデンウィーク3日目
家族全員がそろったものの
お出掛けするでもなく
ゴロゴロお昼寝
お疲れのようで爆睡です。

還暦を過ぎると衰えを感じますが
日清食品の安藤百福氏は
48歳でチキンラーメンを発明し
61歳でカップラーメンを発売しました
人生には遅いということはないようで
日ごろの生活や日常からふと離れた時に
目や耳から入ってくる情報から
人生を転換する何か大切なものが見つかるようです。

s-dscf3200

しっかり寝て、しっかり食べて英気を養い
ひと花もふた花も咲かせたいものです。


過去の記事