シンエイ工営の家づくり 施工例、お客様の声 見学会、イベント情報

余田のつぶやき

我が家の庭
07年06月24日

小生宅にも、猫の額ほどの庭があります。
コンセプト    陰と陽です
西に和風の木   東に洋風の木を配置
日本庭園のように刈り込みして盆栽風に形を作るのではなく、自然な形の手入れしなくても良いような、いわば、雑木林風の庭です。
庭が出来て7年目、昨年はじめて植木屋さんに手を入れてもらいました。
こんな庭は手入れしにくいのか、やり甲斐がないのか、小さいのか、半日で終り、どこを、どう手入れいたのか判らない位でした。
山桜は成長が早く、屋根の上まで枝が伸び、枯葉で樋が詰まるといけないので毎年枝を切っています
先日、ケムシ駆除の為薬剤を散布中に感じたこと、
この山桜、植えてから2,3年は花が咲かず、どうしてかなーと、土壌があわないから、肥料のせい、駆除剤が濃い、それとも、桜伐る馬鹿梅伐らぬ馬鹿のことわざ通りかなーと
でも、2・3年前からぼちぼち咲くようになり、今年はいつになくよく咲きました。
山桜は染井吉野と違い、先に芽が出るため花が 目立たない控えめな花で小生と相通じるところがあります。 
山桜の下にシャカの木あるのですが、これも2・3年は咲きませんでしたが、徐々に咲き始め今年は良く咲きました。
7年も経つと木々は大きくなり、小さな庭がよけい小さく感じます。
ここに来て、ようやく、この土地に根が付いような気がします。
小生も    ここ長者町に住み着いて26年
        脱サラして18年
        FPの家に参画して7年
        FPの家に住んで6年
        ファミリーコンサート開催して5年

           小社は地元に根付いているだろうか
           まだまだかな

2007_06200078  2007_06200085

 シャカの木

紫色のこのはな名前わかりません。
ぽっんぽっんと知らない花がかれんに咲く庭です。


待合室
07年06月19日

先日、朝起きるとき力が入らず、なかなか立てない、地に足が着いていない様な状況が2日間続いたので心配になり病院へ、待合室にはお腹を押えている人、頭が痛いのかベンチで寝ている人、車椅子に座って看病されている人、病んでいる人でいっぱい、そんな雰囲気の中で小生も病んでいる、原因がわからなく不安もあって、何だか精気を吸い取られる様な・・・・・
だんだんと、元気が無くなっていくような気分になる。
朱に交われば赤くなる。という事かなー
元気はつらつの仲間から精気をもらわなくては・・・・・・・


摩天楼
07年06月13日

名古屋泥江町で研修会
久々に電車で会場の名古屋国際センタービルへ
車窓からの眺めは名古屋駅に近づくにつれ昔と変わってくる
何年か前まで中部地区で一番高かった会場のビルが見つからない、他のビルばかりが目に入ってくる。
研修会後の親睦会は25階、そこは東向きだったので障害物はなく見晴らしは最高、小生が住む犬山はどこかなー・・・庄内川沿いに建つ高層マンションが目印、あった、地肌の出ているあの山のふもとが長者町・・・・見つけてなんとなく安心感を覚える。
帰りは名古屋駅まで地上を歩く、JRツインタワー・ミットランドスクエアー・ルーセントタワーと先日落下事故のあったスパイラルタワーと名駅に近づくにつれ首が痛くなる。
名駅も高層ビルが林立し、はじめた・・・・・
東京へ初めて行った時のことを思い出す。
30年前東京の設計事務所へ住宅の打合せに一人で、迷うといけないと東京駅まで迎えに来ていだだき、打合せが終わった後、新宿を案内していただき京王プラザビルを見上げたとき霧で屋上が見えない、なんと高いビルだろうと感激した時の事を思い出す。    あのときの設計事務所の先生どうしているのかなー
建てさせて頂いた住宅を見るたびに想いだします


法事
07年06月10日

昨日、江南の実家で母の法事を行う
兄弟と近くに住んでいる親類だけで行う
最近は葬式か法事の時でないと集まることがありません
結婚式は二人きりで海外で式を挙げ帰ってきた後、二人で結婚の報告に来て終わり、新しい親戚同士が集まって紹介しワイワイがやがやと親睦を深める機会が少なくさみしい思いをしています、だから、葬儀の時どこの誰だか判らずに失礼してしまうことがあります。
今回は法事でしたが、何か機会ごとに近況報告を兼ね宴会が始まります。(酒豪の家系なのかさみしがり屋の家系なのか?)
因みに、今回は法事の出席者12名
14時に御住職様に来ていただいて法要、その後お墓にて回向していただく。
16時から予約しておいた居酒屋味平にて食事、(ここが安くておいしいお店でお勧めです)ここで焼酎一升呑み干す。
次どこへいく、・・・・皆、小生宅行こう行こうのの一点張り、上さん家が片付いていないので反対、仕方なくここに出席していない娘に片づけするように電話。片づけして貰うのにすったもんだのやり取り・・・・・困ったもんだ。
家庭の状態想像できます?
二次会の用意、一組は串物とお酒の買出し・一組は2次会から参加する甥に婚約者の実家の寿司屋さんに寄って寿司を買ってくるよう手配。(ここの寿司屋豊場にあってイチローがよく来たそうです)
19時ごろから16名になる
22時ごろ皆帰る、その間焼酎五合とビールをのみ、どんな話をしていたのかあまり覚えていませんが、姪の子どもをあやしていたのは覚えています。
その後、他の兄弟はスナックにより実家に帰って朝の5時まで呑んでいたそうです。
楽しいお酒でも、いい年して、そんな死ぬ気に飲まなくても・・・・
体こわすよー    人ごとではありません
でも今あるのは誰のお陰
父母の恩          忘れず供養

dscf0827  dscf0829

2次会の写真


花粉症・・・・・・
07年06月07日

上さんの自慢は体が丈夫なこと
高校まで無遅刻・無欠席が自慢の種です
さすが、頑張り屋さん
家族が咳きでもしようものなら、なぜ咳きがでるの、なぜくしゃみがでるのと怒り。娘が小さい頃、風邪だの頭が痛いだのと言っても学校は休ませず、泣いている子どもを送り出していた記憶があります。
そんな上さんがイネ科の花粉症で大変な状態になっています。
2,3年前からこの時期に発病しているようで、本人いわく、異動してきた今の勤務先の環境が合わないのだといっていますが・・・・・・
今年は、今まで以上に重病で咳きはするし、熱は出るわ、また仕事場のいろいろな行事もあり、疲れと重なってか帰ってきてすぐ、バタン・キュー、そんな体でも休まず出勤しています。   いいのかなー     早く元気になって
こんな状態が2週間も続いているので家の中がぐちゃぐちゃです。
結婚してからヅート共稼ぎで、炊事・洗濯・掃除は協力しあって来たのでできるのですが、整理が下手な性格なので洗濯物が山のようになっていて大変な状態です
今度の土曜日法事・・・みんな寄るかな・・・困ったなー・・・・・片付けなきゃー


雑誌の取材
07年06月02日

ちょっと緊張した雰囲気の中で取材が始まる
スタッフ一同、自然素材にこだわり、これだけ木を表わしたそれも構造材を化粧にした家はめずらしいし、土間・・・昔をおもいだすねーと
そんな感想を聞くとお施主様に薦め造って頂いてよかったと実感する。
写真のアングル、カット数の確認
家に対する想い、経過
シンエイ工営に依頼した経緯
住み心地・・・・・
ルポライターと話していくうちに緊張が和らぎなごやかな雰囲気になっていく
経過を聞いていると当時のことが想いだされる
木がいっぱいの温もりのある家がいいと考えていて、シンエイ工のホームページをみて夏涼しく冬暖かいこんな家がいいと「FPの家」に決めたそうです。
あゆりちゃんもモデルで参加し和気藹々の中なごやかな取材になりました。
お疲れさんでした
7月16日発売の東海の家づくり必読本です
ご希望の方は無料で差し上げますのでお気軽にご連絡ください。

r0011663  r0011664

取材風景
私自身も無垢をふんだんに使ってこだわりのあるかつリーズナブな価格で「FPの家」を造りたかったものですから限られた予算の中で納まる努力もしました。アプローチはお施主様と一緒に作り上げた共同作品で、これがまた評判が良く外構の依頼があるほどです。
共に考え・共に学び・共に造り上げた家だから大切に住んでいただけると思います。


過去の記事