シンエイ工営の家づくり 施工例、お客様の声 見学会、イベント情報

余田のつぶやき

色彩セミナー
07年11月30日

先回につづき、中神公子さんのセミナー
前半は先回の復習
先回のときは、反省させられたり、色彩の大切さを認識したのに、1ヶ月も経たないのに、1/3位しか記憶に残っていない
    歳のせい
    集中力がない
    色彩の大切さを感じていないから

記憶にない  なんて言ったら  どこかの政治家みたいで   いやだなー
もっと、右脳をつかわなくては
後半は外観の色彩セミナー
いつもの説得力のある、軽やかなトークでみんなを惹きつけ
あーと、言う間の4時間
ポイントをいくつか教えていただきました。でも、とどのつまりは、資料を集め、勉強しないと・・・・
余談で、部下の育て方を伝授
      些細なことでも「すごいなー」
  女性に対しては
      「いつもきれいだねー」
    「いつもバリバリやっているねー」と
声をかけてあげる事だそうです。
その他、私共にとって、大切な魔法のことばを伝授いただきました
       (ないしょ)
    早速、実行させていただきます。


起工式
07年11月28日

25日、岐阜県南濃町で I 様邸の起工式
ちょっと遠いでも近い現場もある
そんなことより、I 様が弊社を選んでくれた。
仕事の関係上、知り合いの工務店やハウスメーカーが数多ある中で、特命で選んでくれた
    うれしいこと、
    名誉なこと。
    期待に答えなくては

r0012122  r0012133

お施主様の要望する家を造るだけでなく、
もっと良くしたい・もっといい方法はないのか、
家づくりに対する想いが強ければ強いほど、完成のよろこびが大きく、分かち合えることができる


OB施主様宅訪問
07年11月27日

完成1周年の記念にバーベキューパーティーとついでに、施主様宅を開放しいただきました
23日の祭日、小春日和にめぐまれ、施主様と同じ年代の若いご夫婦が5組、子どもさんを連れて来てくれました。
子どもたちはバーベキューはそこそこに、すぐ仲良くなり砂遊び。
親御さんは、こんど女の子が欲しいだけど・どうしたら男の子が生まれるのと・・・・・子づくりの情報交換で盛り上がる
小生は、そのような話恥ずかしくて人前ではできなかったのに・・・・  今時の人たちはと

hp20004  hp20008

hp20010

午後からは風が出てきたので会場を室内へ
子どもたちはリーダー格の娘さんが演じる紙芝居鑑賞

hp20016  hp20018

来場者「この家あったかいねー」と
「暖房は入っていますが「FPの家」は暖かいですよ、エアコンの設定温度16℃でもこんなに暖かい」と、お施主様が営業してくれています。    感謝・感謝
この家の無垢仕様・ロフトの開放感に興味を持たれたみたい。
せっかく建てるんだったら、快適で、省エネな家がいいですねー
でも、お客さんにとって何が一番いい家なのかわからない
その人その人    ケースバイケース

とにかく、一緒に考えて造っていきたい

完成してからも笑顔で迎えていただけること、

私のよろこびです。    自慢です

     I 様、ありがとうございました。


行楽の秋
07年11月21日

先日、ご近所で20数年お世話になっている、Yご夫妻と予てから約束していた一泊旅行に出かける。
行先は三重の白山ビレッジ、男性はゴルフ・女性はエステ
広大な敷地に36ホールのゴルフ場とホテル2棟とコテージのあるリゾートホテル。ヤシの木が点在して巡回バスが1日中周っていて外国にでも来ている様な感じ。

2007_11170081  2007_111700891

旅先での食事は楽しみのひとつ
ディナーは箸で食べるフランス料理のフルコース
気負いなく気楽に味わいながら食べることができ箸の良さを実感する

2007_00781 2007_111700732

今日のメニューとボージョレ ヴィラージ ヌーヴォ2007 ブシャールエイネ

 

昨日、解禁のボジョレヌーヴォをはじめて口にする
味はいまいちわかりませんので、雰囲気で味わいました。
メインデッシュはひれ肉のステーキ
食品の偽装が問題に成っている時、三重県もいろいろと・・・・・

2007_11170079

(メインディッシュを写したつもりが・・・・・未熟です)
ヒレ肉の産地を聞くと、国産牛と上手にかわされました。
いつもは運転手で飲めない上さん、和気藹々の中でお酒を飲んで上機嫌。
ワインだけでは足りず日本酒をジャンジャン追加。
(相変わらず良く飲みます)
翌日、久々のゴルフ土曜日とあっていっぱい、ホールごとに待ち時間、調子が狂いスコアがまとまらない、調子が出ていた頃は18番ホール、その分雄大な自然をゆっくりと味わうことができ、これもまたよしかなー   
上さんたちは、AMパターゴルフ・PMはエステの予定が予約でいっぱいだってので、ホテルのロビーでお茶とケーキで3時間雑談・・・・
そんなに、いっぱい何を話す・・・・・・口が疲れたそうです
帰りのサービスエリアでお土産。 赤福がない、何にする、どれがいい、日持ちするものがいいかなー・・・・・ちょっとさみしい思い
 Yさん たのしい旅行ありがとうございました。
また、企画がありましたら誘ってください。
今後ともよろしくおねがいします。


芸術の秋 4
07年11月13日

先日の日曜日、赤津焼きを見に行くつもりで所用を済ませて上さんと出発、と、いっても家を出たのが3時過ぎ、いそぎ瀬戸赤津へ
途中、愛知万博会場跡地を尻目に、長久手は賑やかになって来たでも、リニアの利用状況はどうかなー
いい利用方法はないのかなー
廃線になってしまい税金の無駄遣いなってしまうのかなー
なんて、話しながら赤津へ今回で2回目
1000年を超える赤津の歴史、産出する陶土にめぐまれ優れた陶工が生まれ育ち、織部・志野・黄瀬戸が生まれたところ。
12代目窯家の曰く
陶芸は無から有へ創造する喜びがあるでも、土練り3年ロクロ10年といわれるように、粘土・絵付け・釉薬・焼き加減等、奥が深く先が見えないとの事。
いい出来、不出来は感性だと、抽象的で難しい
我々の仕事にも共通する。
極めることは一生できない。より良い家づくりのために一緒に考え、完成して1年後、3年後、10年、20年経っても「いい家だ」と想っていただける家づくりをしていくだけです

r0012095  r0012113

工房 絵付け            7種類の焼き物

r00120982  r00120972

御深井の焼き物

r0012117  r0012114

記念に御深井のぐい呑み木箱までつけていただけました。去年買った黒織部のぐい呑み
       (なぜか、お酒に結びついてしまう)
陶器は使えば使うほど味が出てくるので、仕舞い込むのではなくどんどん使ってくださいとのこと
魯山人は「食器は料理の着物」といったそうです


芸術の秋 3
07年11月05日

先週の土曜日、音楽の好きな人たちが楽器と手料理を持って集まる
日ごろの練習の成果を皆さんに聴いていただき、楽しんでもらおうとの趣旨
8家族14名の参加
いつも、練習しているが人前で弾くことのない人
楽団に入って演奏していても、ソロで演奏したことのない人
聴いて欲しいが機会の少ない人   等
とても、生き生きと演奏していました。 
楽器を弾くという、ひとつの目標を持って人生を過ごしている。
目標を持って毎日を過ごすことを改めて感じます

r0012056  r0012059

r0012063  r0012068

演奏のあとは、それぞれの家庭料理に舌鼓
おいしくいただきました。ご馳走様
気が付いたら10時。お疲れ様でした。
次回を楽しみにしています。

r0012072  r0012074

持ち寄った手料理      益々の音楽活動に乾杯

r0012076  r0012077

アルコールが入ると緊張が取れ指の動きが滑らかに


過去の記事