シンエイ工営の家づくり 施工例、お客様の声 見学会、イベント情報

余田のつぶやき

大規模な複合店舗
08年03月27日

26-1

全体の状況

26-2

店舗の外観

26-3

お店の雰囲気が

1ヶ月前までは形が見えず閑散としていたのに、建物の形が見えてくると同時に慌ただしくなってくる。
店舗がオープンするまで1ヶ月半
弊社工事の店舗は完成間近80%の出来形、店舗の雰囲気が出てくる
引渡しまで半月、ちょっと余裕が出来るとお施主さんいろいろな注文を出して変更してくる
これがいいのか・わるいのか?
途中で変更するとロスが多く、仕上りが悪くなる場合が多い


地祭り
08年03月26日

25-1

工事の安全祈願

25-2

工事関係者と顔合わせ

25-3

建物位置確認

住宅が密集している中での家づくりの始まり
先日地祭りを行い工事の安全と完成を祈願しました
その後、境界杭の無いところがある為、測量事務所に来てもらい隣家の方立会いのもと、末代に問題が起きないようあちらから、こちらからと測り境界杭を入れる。
引き続き
第1回目の施主立会い検査
地盤の高さ・建物の位置の確認・契約書類の確認をしていただく
これから工事の始まり
これから家の形が出来てくる
形を造るのが目的ではなく
そこに住む人に愛着を持って育ててもらえる家づくり
それが大切なのでは


この時期に想う事
08年03月21日

24-1

鶴舞公園は花見の名所

24-2

蕾が結構膨らんでいる

毎月第3金曜日はFPグループ愛知の定例会議、いつも鶴舞公園内の公会堂で開催する。
今回は住宅の動向調査の勉強会も行う。この時期は次年度の目標棟数や行事予定の案が出てくるし、目標達成棟数を見るとこの業界の状況がわかる。
住宅業界は着工件数の激減・建築法規の改正・瑕疵補償制度義務化等悪くなって行く要素はいっぱいある。この業界に携わっている人達がどこまで危機感を感じているだろうか、
智恵出し合い生き残っていかなくては・・・・ 因果応報
この時期、いつも公園の桜が木になる
桜のつぼみも膨らみぼんぼりの取り付け作業中、1週間後にはお花見が始まるのでは?
日本人は花見が好きな人種、会議の緊張感とは別にウキウキしてくる。
こんなんでいいのかなー
仕事は仕事・遊びは遊びで割り切ればいい、
メリハリをつけることも大切
近所には花見の名所はいくつもある
五条川・犬山城・モンキーパーク・明治村・・・・
ちょっと足を延ばして
薄墨桜・荘川桜・寺尾の千本桜・高遠城址公園・・・・
場所によっては4月中旬まで花見ができるのでは
渋滞の無いところがいいなー
花よりだんご・・・・帰りは温泉めぐり
こんどは、どこへ行く・・・
上さんの喜ぶ顔が浮かんできます


消防検査
08年03月18日

23-1

出動ご苦労様です

23-2

水圧開錠装置の給水口

23-3

筒先にセット給水中

消防の立会い検査は個人の住宅ではほとんどありません。
合っても防火地域などに建築する場合に消防署へ同意書を提出するぐらいです。
今日の立会い検査は火災報知機の作動とシャッターの水圧開錠装置の検査です
今回は水圧開錠検査のため消防車で乗り付けてきました、この装置は大規模な倉庫・工場でないと付いていないためか、今日の筒先人はこの試験が始めてみたい
先輩に教えてもらいながら筒先をセットしていました。
本番には間違いなく、迅速な行動で消火活動が出来ることでしょう。
ご苦労様でした
何か、お役に立てたようで うれしい気分です


家の解体で想うこと
08年03月16日

22-1

家の解体で想うこと

22-2

解体工事始まり

22-3

家の形は無くなりました

長年住みなれた思い出いっぱいの家が無くなる。
この家があればこその思い出いっぱいの家
楽しかった事、辛く悲しい日々を過ごしたこの家が無くなる。
今の人生、この家の存在感は大きい。
なんとも言えない寂しさを感ずる。
でも、家が完成すれば以前の家とは違う、新しい生活が始まり新たな歴史が始まる。
7月には「FPの家」が完成し、快適な生活が待っています
たのしみに待っていてください。


プロペラ
08年03月10日

21-1

プロペラ

21-2

仕上のため照明を付けてコン打設

21-3

コンクリート表面を硬化させる材料

工場の改修工事は最終段階に入ってきた
内部工事はほとんど終わり、土間コンクリートは養生が必要なので土曜日に打設
土間のコンクリートは直押さえ、土間屋と呼ばれる一般の住宅工事には、ほとんどくることの無い土間押さえ専門の職人さんが来る、この職業は沖縄出身の人が多く、工場・倉庫・事務所・ショッピングセンターなど大規模な工事多く、冬場は仕上げが朝までかかることもある大変な仕事です。
土間押さえはプロペラ(ハンドトロウェル)を使って表面を平滑に仕上ます。でも最終の仕上はしごきコテを使って人間の手で押さえる、でないときれいには仕上がらない。
こんなところにも職人の技がある
17日の消防検査が終わると一安心


仮住まい
08年03月07日

弊社では、建替えされる方の為に仮住まいを無料で提供しています。
場所は犬山市長者町、築28年経っているので綺麗ではありませんが、小生宅の近くで以前住んでいた思い出のある家です。住んでいないときは「わっしょい入鹿」のバザー用品のストック場所として使っていただいています。
その家に名古屋で建替えされるお客様が引越してきました。
何十年も住み思い出のある家から離れ、環境の違いから不安を感じるかも知れませんが、こんな機会はありません、これを機に、この地犬山を楽しんでいただきたい。
この地は国宝犬山城・茶室如庵をはじめ観光名所が多く、近くには明治村や入鹿池・尾張富士・ハイキングコースと山々に囲まれた自然豊かなところです。
新緑が眩い生命力の涌く、これからの季節を満喫していただき、楽しい思い出を作っていただければと思います。
長い人生の中の5ヶ月間、今しばらくの辛抱です
7月になれば、快適な「FPの家」での生活が待っています。
お楽しみに・・・・・


採算ペース
08年03月02日

19-1

建て方中

19-2

形があるのは2店舗だけ

5月中旬オープン予定の大規模な複合店舗の敷地
それぞれの店舗、ようやく基礎工事に入ってきた、
弊社、工事の店舗は建て方中残り1ヶ月半で完成引渡し、
オープンまでの1ヶ月で開店の準備をする
他社は基礎工事中でまだ形が無い、それも大型の店舗残り1ヶ月半で完成しなければいけない、
まず突貫工事になる。
工期が少ないと会社経費は少なくてすむ、でも大勢の職人が必要、この時期年度末は1年中で一番忙しい時、人集めは大変急ぐあまり余分な出費が出ることも、
それで、採算は取れるのかな
誰が得して、誰が損する、くたびれ儲け
どんな商売でも採算ペースはあるはず
建物の規模・構造・用途・立地・条件等によって違いはあるが、一般的な木造住宅の場合4ヶ月ぐらいが採算ペース


過去の記事