シンエイ工営の家づくり 施工例、お客様の声 見学会、イベント情報

余田のつぶやき

養生
08年08月26日
基礎コンクリートの雨に対する養生

基礎コンクリートの雨に対する養生

 建築工事で養生は、ほとんどの工事で付いてきます
隣家の養生
道路の養生
墜落防止の養生
落下防止の養生
雨の養生
散水の養生
凍結防止養生
オープンタイムの養生
汚れ防止の養生
キズ防止の養生   ・・・・等
養生の状況・方法によっては問題が起きたり、出来映えの良し悪しに影響する
地味ですが、どれも大切な仕事です。


親睦旅行 3日目
08年08月24日
砂むし温泉長く入っていると低温やけどしそうな温度、じわじわ出てくる汗が体の中の老廃物を出してくれ身も心もリフレッシュ

砂むし温泉長く入っていると低温やけどしそうな温度、じわじわ出てくる汗が体の中の老廃物を出してくれ身も心もリフレッシュ特攻平和会館で その後の写真は撮れませんでした。疲れたのか、お土産に夢中だったか・・・・・・・ 

特攻平和会館で その後の写真は撮れませんでした。疲れたのか、お土産に夢中だったか・
特攻平和会館で その後の写真は撮れませんでした。疲れたのか、お土産に夢中だったか・

 

 

 

知覧特攻平和会館
「国を思い、父母を思い、永遠の平和を願いながら勇士たちは」
二度とこのような過ちは合ってはなりません

人間には計り知れない「3000年」をたくましく生きて行く術と豊かな大自然の神秘・二度と合ってはならない戦争の悲劇に触れ、私たちにも出来ること、やらなくてならないことを見出せた心に残る旅でした


親睦旅行 2日目
08年08月24日
紀元杉・推定樹齢3000年・胸高周囲 8,1m・樹高19.5m カメラには全身は入りません

紀元杉・推定樹齢3000年・胸高周囲 8,1m・樹高19.5m カメラには全身は入りません

 
厳しい環境に耐え変貌しながら生き続ける巨木のたくましい姿に圧倒され。こぶが何処と無く痛痛さを

厳しい環境に耐え変貌しながら生き続ける巨木のたくましい姿に圧倒され。こぶが何処と無く痛痛さを

土埋木。400年前に倒れた樹齢2000年の切り株
                  土埋木。400年前に倒れた樹齢2000年の切り株

 

紀元杉
杉として日本で一番太い縄文杉は見ることが出来ませんでしたが
はるかな時を大自然と闘い生き抜いてきた縄文杉は紀元杉から想像が?。

 


親睦旅行2日目
08年08月24日
雨も雨量も非常に多く雨具が離せません

雨も雨量も非常に多く雨具が離せません

倒木の上に新たな命が生まれ、森林を受け継いで維持している。
倒木の上に新たな命が生まれ、森林を受け継いで維持している。
切り株更新。緑の苔がすごい時間と大自然を感じさせます

切り株更新。緑の苔がすごい時間と大自然を感じさせます

 
 ヤクスギランド30分コース
銘木材として知られる屋久杉の魅力と原点をみることが
 
 
 
 

 


親睦旅行 1日目
08年08月24日
霧のかかっている山々

霧のかかっている山々

鹿児島から高速船トッピーにて屋久島へ
鹿児島から高速船トッピーにて屋久島へ

とびうお日本一の屋久島安房

 

 

 

 

 
 
とびうお日本一の屋久島安房 

 

 屋久島は直径30kmの丸い島に、九州一高い1900m級の山が重なり合った、日本列島九州から北海道の気候を凝縮した亜熱帯の島
 
 
 

親睦旅行 1日目
08年08月24日
鹿児島にて待ち時間に焼酎とさつま揚げゲット

鹿児島にて待ち時間に焼酎とさつま揚げゲット

楽しみにしていた始めての飛行機の旅
楽しみにしていた始めての飛行機の旅
乗る飛行機はJALです

乗る飛行機はJALです

旅行が目的で盆休みをずらし19日~21日に小川君ご家族と親睦旅行に
彼とは弊社設立当初から一緒で、我が社には無くてはならない人材です。
そのご家族と久しぶりの旅行
行く先は「世界自然文化遺産の屋久島と指宿」

幻の酒「森伊蔵」毎月1回抽選ですが普通の値段で買えるそうです


検査週間
08年08月13日
風量の測定中

風量の測定中

施主様検査
施主様検査風量の測定中窓にこんなものが?
窓にこんなものが?

窓にこんなものが?

引渡し前は検査が続きます
今週は社内検査をはじめ
第3者検査機関の完了検査
建築確認完了検査
お施主様の引渡し検査
気密測定。換気風量測定・室内空気汚染測定と
外構の残工事は盆明け施工
盆の間、完成見学会です

お施主様の好意により完成見学会に開放していただけることになりました
日時    8月14日~8月18日 10時~17時
住所    名古屋市北区瑠璃光町
設計施工  シンエイ工営
建物の概要 木造在来軸組み 2階建て
      「FPの家」
      天然木をふんだんに使用し
      収納にとことんこだわり
      これから始まる暮らしを考えに考えぬいた家
予約制   お問い合わせいただければ、案内図を送付させていただきます
問い合わせ先 シンエイ工営㈱ 余田一夫
       TEL 0568-68-1760
       FAX 0568-68-1239
       ホームページの問い合わせ欄イベント参加で送信してください


花火大会
08年08月10日
迫力のある花火

迫力のある花火

90-1
浴衣姿のお嬢さんが目立つ
締めはナイヤガラの滝

締めはナイヤガラの滝

久々に賑わいのある所へ出掛ける
犬山城下の木曽川で行われる、犬山恒例の花火大会
犬山城をバックにした幻想的なロケーションをイメージしたのですがお城が霞んで想い通りに撮れませんでしたが
それなりに写真が・・・・ 
中国オリンピックの花火とは比較になりませんが
テレビ観戦と違い間近で観る花火は、、振動が直に伝わり体が揺れ、心がときめき、迫力があります。
上さん満足げ
帰りは、駅近くのお好み焼き屋で食事
ビールの後は、日本酒それもひやで、
久々の日本酒、美味しかった
お酒は、やっぱし日本酒  奥が深いです。

工事再開
08年08月08日
母屋の塀解体も

母屋の塀解体も

基礎工事始まる
基礎工事始まる
まだまだ暑い日が続いています
7月の暑さに比べれば、朝夕は涼しくなったような気が?
体が慣れてきたのかも   油断大敵
何事もすべてが順調に行くとは限らない、
何の因果か、山有り谷ありの人生
6月に起工式を済ませたS邸の工事が再開
建築確認は降りているのに道路のことで問題が惹起
解決の為に少々時間が、ようやく解決し工事再開
いつ、どんな事で問題が起きるかわからない
逃げず、問題に取り組み、解決し、乗り越える
人生その繰り返し、
その貴重な経験が成長の糧  凹むな、ガンバレ・ガンバレ

過去の記事