シンエイ工営の家づくり 施工例、お客様の声 見学会、イベント情報

余田のつぶやき

家に想う
08年12月28日

168-1

2年でこんなに成長したユウカリ

岩倉のI邸様宅に2年点検の修理に
家族全員が笑顔で迎えてくれる
家と家族が自然な感じで馴染んで共に成長している素敵な家族


打ち合わせ
08年12月27日

167-1

街の中ではできないスケボーの練習

167-2

会社の看板です

167-3

2009年3月完成に向け着々と進んでいます

今日は照明・コンセントの打ち合わせ
仮住まいの家は狭いので打ち合わせ中は、子供は外でお遊び
外はチョット寒いのでかわいそうな気が
でも、子供は風の子元気一杯です
家つくりは何回も何回も打ち合わせを行います
設計の段階で打ち合わせ・訂正・打ち合わせと何回も繰り返します
工事に着手してからも設計の確認も含め、打ち合わせを繰り返します
お施主も大変な労力です
もっと工夫できないか・もっと良くならないか
そこで暮らす家族が気持ちよく住む事ができる家を
ともに学び・ともに考えて・ともに造る
それが大事


木材に思うこと
08年12月25日

166-1

薄暗い倉庫の中

166-2

床の間材

166-3

天井板

お客様と和室に使う銘木材を選びに木材市場へ
薄暗い倉庫の中には銘木材が所狭しと立てかけてあり、その中から床の間・仏間材・天井板等をえらんでいただく
60坪ほどの倉庫には一般住宅に使われる銘木材はほんの一部でその他は茶室や数寄屋造りに使われる銘木材
今時、陽の目を見ることが出来ない様な物ばかり
それだけ和風住宅、和室が少なくなったて事
3000坪ほどあるこの市場、以前に比べて出店数が5軒ほど減り、従業員は半減したそうです
原因を考えるに  住宅の着工件数の減少
在来木造住宅の減少
外材が多くなった
木材は高いイメージ
内装材が建材に変わってきた
和室が少なくなってきた・・・
椅子の暮らしに慣れていない日本人、畳はごろりと横になれ昼寝が出来、いいと思うけどなー
木の良さを訴えて来なかった工務店の責任も大きいのでは


冬に感じること
08年12月24日

165-1

愛車が霜で真っ白に

今朝はこの冬一番の寒さでは?
でも、家の中はいつもと同じ
普段の服装で出勤チョット寒いかなーと思う程度
歩き始めて霜であたり一面が真っ白なのをみてよけいに寒さを感じ、ジャンパーを取りに・・・・
あいさつに伺ったOB施主は、「暖かい家だわー今朝でも18℃もあった」と
家を造る人は、こんな暖かい家を建てて欲しいものと
寒い時期に「暖」を取るのか、「寒」を取るのか
寒い時期に「FPの家」の真価が発揮されれます


新入り
08年12月23日

164-1

壊れた愛用のカメラ

164-2

まだ慣れていません

164-3

カラーコピー&FAX
いい情報がきれいに提供できるはず
昨日、長年愛用していたカメラを落とし壊してしまう
ブログには欠かせないカメラ
痛い出費です。
単純に写して、フォーマット、ズームぐらいの機能があれば十分
色々な機能があっても使いこなせませんし、
余り使わない機能は忘れてしまいます
携帯電話も同じです。
先日も10年間使っていたパソコンを取替え、
8年間使っていたFAXも取替えて
出費の多い年末になりました、全てリースですが・・
少人数で薄利な弊社にとっては存亡にかかわる大変な出費です。
何を節約し、何を削減するか
身の回りにはいっぱい有るはず
正月休みの課題に

FPの家
08年12月22日

162-1

INAXショウルーム、タイルメーカーだけあって品数は豊富

162-2

飲むは飲むは一升瓶が次から次につまみは松本建工

162-3

二次会はイタリア料理のお店浴びるように飲んでます

昨日は毎月開催しているFPグループの定例会議
今月は会議の後、望年会があるので移動が楽なようにINAXショウルームの会議室を借りて行う
議題はウレタンパネルを製造している松本建工の動向が中心に
ニチハがFP事業を引継ぐであろうしパネルは今でも製造しているので安心してくださいとの事
ここで動揺することなく一丸となって乗り切らなくては
来年はもっと厳しい年に・・・
望年会は景気づけにぱーと、
明日が無いみたいに、ただひたすら飲むは、飲むは、食うは、食うは時間を忘れ呑みつづける、

今日はチョット辛いです。弱くなりました。
年のせい?、いつまでも若くありません


わっしょい入鹿
08年12月21日

163-1

今回は地元野菜の出店が目立つ

163-2

150人分の豚汁完食

163-3

浸透しつつある手芸教室

今年最後の青空市場
11月は雨で中止、今回も雨が心配でしたが何とか開催でき安堵
今回は明治村へ行く道路沿いに場所を変え寒い日を想定して豚汁を無料で提供
何が功を奏したのかここ最近にない、人の出と、売り上げ 毎月色々な教室も開いて地域に浸透してきた感が

ローマは一日にしてならず

がんばりましょう
お疲れ様でした

来年もよろしく


検査週間
08年12月18日

160-1

検査中、質問に答えています
160-2
制震金物パワーガードが付いています
160-3
現場はいつもきれいに棟梁が率先して清掃しています
WH邸の屋根葺きが完了、この時期に中間検査を受けます
検査は主に建物の位置、仕上材で隠れてしまう構造上重要な部分が設計図面通り施工されているかを視る大変重要な検査です
我々「FPの家」でも快適に過ごす為には、仕上材で隠れてしまう断熱材、気密は重要ですと常に訴えています
検査はFPグループ、フラット35、犬山市の建築検査があり日時の調整が必要になります
検査員の視るところは同じような所でも個人差があり見方が違います
重要な検査、チェックする目が多いほど間違いの無い建物になります
今のところ問題はありません、これからも無いはず

飛躍の時
08年12月17日

15日の夕方FAXが
「FPの家」の大元、ウレタンパネルを製造している松本建工が北海道の不動産事業につまづき、民事再生の手続きに入り、後は外壁材メーカーのニチハへFP事業を引き継いでいただけるよう折衝中との知らせ
「FPの家」自体には問題は少なく、方向性がハッキリしてからお施主さんに連絡すればと思っていましたが16日の新聞で大きく報道されたためお施主さんの目に留まり問い合わせが
ご心配をお掛けしました
まったく問題は無いとは言いません、納期が少し遅れる程度でパネルも製造しているしたいした影響は無いようです報告させていただきました
今日も仕上材の打ち合わせのついでに、事の経緯を説明させていただきました
こんな時だからこそグループが一丸となって「FPの家」は健在とアピールし飛躍しなくては


過去の記事