シンエイ工営の家づくり 施工例、お客様の声 見学会、イベント情報

余田のつぶやき

散水効果
11年06月30日

6月は今日で終わり、早いもので1年の半分が過ぎてしまいました
これからが夏本番なのに毎日暑い日が続きます
古知野の家は
今日、基礎ベースコンクリートを打設
dscf3886

dscn2343
散水してコンクリートの急激な乾燥を防ぎます
水遊びしているようですが
これも大切な作業です

我が家は節電の為、クーラーなしの生活を続けています
(7月2日まで)
朝夕、玄関先と小さな庭に散水しますが

dscf3883

dscf3885
寝苦しい毎日です、打ち水の効果はあるのでしょうか


お互いの協力が必要です
11年06月29日

日頃から、現場に行くときは
設計図面の内容の事
施工の事
片付け清掃の事
特に、打ち合わせで変更になった事 等
現場監督を補佐し
もっともっといい家づくりのために
何か、指摘するよう心がけています

dscf3870
今日は配筋検査
問題なくきれいに配筋されていますが
どこか悪いところはないか
目を皿のようにしてみていると
見つけました
コーナー部分のかぶり厚
基礎は6cm・土に接する地中梁は4cmは
確保してあり問題はないのですが
立ち上がりコンクリートの時に台直しの恐れあるため
その場で手直しする

dscf3878

dscf38711

鉄筋コンクリートは
鉄筋とコンクリートが一体となりそれぞれの弱点を
補っているすばらしい建築材料です
そのひとつ
鉄筋のさび(酸化)をコンクリートのアルカリ性が防いでします
かぶりは
コンクリートの中性化進み中、かぶり厚を確保する事で
鉄筋の酸化を防ぐ役割をし
コンクリートの寿命を延ばしている大切な寸法なのです


蓮の様で在りたい
11年06月28日

今日はお客様が購入を予定している
土地を見に出掛ける
閑静な住宅街の一角
学校も近いし住むには申し分ない所ですが
土地代が予定より高かった為、
その分住宅建設費が圧迫されてきました
予算内で要望に叶う、快適な家をつくるのが私の仕事です

dscf3867
星名池
帰り道、蓮・水連の看板が目にとまり立ち寄る
さほど大きくない池に蓮と水連がひしめき合っている

dscf3862
見ごろは7月・8月とあって
まだ早いようで蓮の蕾がちらほら

dscf3861
望遠カメラでシャッターチャンスを窺っているカメラマン
蓮の開花と思いきやカワセミが餌を取る瞬間だと・・・・

蓮は仏教の象徴的な花
従地涌出品第十五に
「不染世間法 如蓮華在水」
泥水の中にあってもそれに染まらず、
きれいな花を咲かせる蓮華のように
汚れ濁った娑婆世界にあって
こころ和やかに心がけることが大切と


柱選び
11年06月25日

柱の番付に材木屋へ施主さんと出向く
住宅は延面積58坪
使用する通し柱150角が10本
      管柱120角が145本です
柱のランクは無節・上小節・小節・特一等・一等・二等があります
化粧柱として柾目・板目の美しさがありますがそれは別格です
柱の部位ごとに化粧ランクを決めれば簡単ですが
コストダウンするために特一等の中からえらびます

dscf3842
使用する柱、特一等材を並べてもらい
一本一本の木目、節のない状態を見て、設計図面に基づき
化粧面や向きを見ながら柱の位置を決めていきます
番付けすることで欠点を壁の中に入れることができ
完成した時、見た目は格段によくなります
何より、施主様が参加する事で現場監督の小川、棟梁の西出さんも
山西の山本さんもいい家づくりの自覚が沸いてきます
暑い日の午後の立会い、施主様もお疲れの事と思いますが
納得のいく家づくりのため
愛着のある家づくりのため
たのしい家づくりのため
よりよい家づくりのため
完成の喜びを分ち合うため
とにかく、一緒に家づくりをしたく参加していただきました
お疲れ様でした


緑のカーテン
11年06月24日

これから夏本番
梅雨明け前なのに昨日は名古屋の最高気温34.4℃
今年は例年になく暑い夏の気配
我が家の2階の室温は33℃
暑くても節電に協力とクーラーもつけず、我慢の一日
昨夜は暑くて眠れず3回も起きた上さん
救世主になってくれるか
頼みはゴーヤのカーテン

dscf3830
小さいほうのベランダ
5月20日に静岡買ってきた苗
私の背丈を軽くオーバーしています

dscf38331
左巻きでしっかりネットに絡みつき左右に弦を伸ばし始めました

dscf3836
広いほうのベランダ
6月2日にホームセンターで買ってきた苗です
まっすぐ伸びていますが気持ち葉が小さい気がします

dscf3839
弊社のゴーヤ
6月10日に種苗屋さんで買ってきた
今年の入荷はこれで終わりと言われた、入荷したばかりの苗
何とか育ってくれています

ゴーヤの水やりから1日が始まり、
ゴーヤが会話の始まりです
これからしばらく続きそうです


山陰のたび
11年06月20日

1泊2日の山陰のたび
小川君家族と久しぶりの旅です
上さんとの二人旅は珍道中になりかねません
他の人がいることで事なきを得ることもたびたびです
今回の旅は・・・・・・
4時起床5時出発です
もうここから始まり・・・・・(内緒です)
1日目
新幹線で新山口へ

dscf5547

バスに乗り代え
dscf5524
群青の日本海を渡る角島大橋
コマーシャルに出てくるときは小島はありません
削除されています
どの様にも自由自在に出来る技術に
何か恐ろしいものを感じます

dscf5492
別府弁天池
すんだブルーの池、小さな池ですが深いところで4mもあるそうです
途中に石灰岩を運ぶコンベヤーや私有の専用道路が
数十kmもあるのにびっくり、宇部財閥ここにありです

門司港の古き良き時代の風景です

dscf5540
でたがりの上さんです、よろしく

dscf5532
大正3年に建てられ今なお現役の門司港駅

dscf55421
宿泊先からみたスペースワールド

二日目
萩の町
日本の夜明けはここから始まりました
吉田松陰は親孝行で心の深い人、
燃えるような向学心を生涯保ち
人を愛し、国を愛し、至誠を貫いた生涯のようです
「書物を読む事は、昔の立派な人にあって
いろいろ教えを受ける事であり、その教えを今の世の中に
生かしていくことが大切」と
偉人の言葉はいつの世にも通じます

高杉晋作や木戸孝允宅等の武家屋敷の中に
白壁となまこ壁に囲まれた佇まいは
現存する町屋では最古に属する菊屋家

dscf5565

dscf5560
中央の大石は駕籠置石
菊屋家の主屋、本蔵、金蔵、釜場、米蔵5棟が
重要文化財の指定を受けているそうです

津和野 

dscf5580
山陰の小京都 女性週刊誌が観光の火付け役だそうです
メタボな鯉がところ狭しと泳いでいます

最後は瑠璃光寺の五重の塔
dscf5587
日本三名塔のひとつ
装飾も少なく、きらびやかさありませんが
古色をおび、周囲の緑に溶け込んだ
日本建築の匠、美が集約された塔です
惚れ惚れします

バス走行距離 1日目 180k
          2日目 245kの旅
疲れてくると愚痴もでてきます
  くわばらくわばら

dscf5603

早朝出発 夜12時帰宅
お疲れ様でした  次回はいつ・・・・・


時代は変わりつつある様です
11年06月18日

毎月第3金曜日はFP愛知の定例会
今月は東邦ガスの商品説明会がありました

dscf3798
太陽光発電とガス機器によるダブル発電でCO2削減をアピール
電気と熱を効率的に造り環境にやさしい暮らしの実現と・・・・
イニシャルコストが高くなるのが課題のようですが
基本的にはわれわれと同じ考え方です
電気とガス、何か違和感を感じますが
時代は少しづつ変わってきています

家つくりを考えているお客様も変わってきている様です
「夏涼しく冬暖かい」「地震に強い」と快適性や耐震性を
アピールするだけでは反応が薄い様です
家の本来のあり方 「安全性」「快適性」「省エネ性」は
変わらないと思いのですが
デザイン性や安価を求める傾向にあるそうです
時代の流れかも知れませんが
「性能だ」、「数値が命だ」と訴求してきた私
簡単に方向転換は出来ません
快適な家をお客様と共に造り
5年・10年・30年と経っても「やっぱいい家だわ」
思っていただける家を造るしかありません
それしか私の道がありません

長い会議の疲れを鶴舞公園の花が癒してくれます

dscf3800

バラまつりは終わっていましたが

dscf3805

dscf3802

バラは赤ですね
情熱的な真っ赤なバラは沈みかけた気持ちを奮い立ててくれます


古知野の家
11年06月14日

今日から地盤補強の工事に入りました

dscf3794

太古は木曽川の河川敷で地盤が良い所です
表層部の土質、盛り土だけを考えた時、表層改良でいいのですが
隣家との取り合いを考えると表層改良では難しく
柱状改良で補強する事になりました

dscf3797

既設の庭が残るよう設計してあります
大きい重機が小さく見えるぐらい細長い敷地です

dscf3783

完成予想図です
通り土間のある町屋風の細長い住宅です
細長いためパースを描くのに大変だったようですが
設計士の笠原さんはもっと苦労してました
造る私どもも大変だとおもいますが
何事も苦労したことは報われます
完成したときの喜びもひとしおのはず
いい家ができます
乞う ご期待です

8月に構造見学会を開催します
長期優良住宅申請物件です
日時が決まりましたらお知らせします
是非来てください
お待ちしています


緑のカーテンがまたひとつ
11年06月13日

このところ忙しく、気がついてみれば
1週間ぶりのブログになっていました
この世に生あるものすべてのものが動いているのに
止まっていてはいけません
反省です
節電の為、1週間前に鉢植えしたゴーヤ
毎朝ゴーヤに水をやる目は
孫の成長を見守るかのような様子の上さん

dscf3785
こんど旅行で留守にする我が家
誰が水をやるのか、お天道様の神頼みか気になる様子
娘に水やりに来るようメール
来るか来ないかわからないような返事
ペットを飼っている家庭の心境がわかる気がします
今までの様な思いつきで出かけることはでき無くなりました

dscf3780
気を良くした上さん
事務所にもゴーヤのカーテンで節電に協力と
誰が水をやるのか・・・・・
わたし・・・・
仕事がひとつ増えてしまいました
これも世の為、人の為、わが社の為・・・です


過去の記事